自己責任の意識で病気と向き合う



今日はルーキーさんからのコメントと、それへの返信です。


まずは1つ目です。


HeartLibertyさん、こんにちは。
今日もいろいろとアドバイスを
ありがとうございます。
仕事はこの約二年、結構休んでしまいました。
短期の休みは自分の意思で割と自由に取れます。
ただし、その分の生活の保証はありませんが。
以前は週休1日でしたが、
今は週休2.5日から3日は最低とるようにしています。
それだけでも大分楽になりました。
当時は、一日でも休むことは自分の中で許せず、
とにかく自分が頑張って働かないと
周りの全ての人たちが幸せに安心して生活できない
と思っていました(お金の問題だけではなく)。
それから時間がかかりましたが、
そんなに働いてどうするの
と少しずつ思えるようになってきました。
まだまだ足りないかもしれませんが、
このペースでの治癒をとりあえず目指します。

ダメだったらまた考えます。
今までいくつもの病院にかかりましたが
結果として治っていません。
医師や病院のせいではなく、
根本には自分の今までの生活や
考え方の歪みが原因なのですが。
治るきっかけや方法があれば
何でもいいというのが本音です。

HeartLibertyさんが残忍にもよろこばしく思われた
この好転反応の出現にわたしも期待しています(笑)

また質問で申し訳ございませんが、
約1年前に左脚に激痛が出て整形外科で検査の結果、
ヘルニアと坐骨神経痛と言われたとお伝えしましたが、
今の症状の一つとして、左脚のすねの内側、
膝下から内くるぶしぐらいまでが、
触ると布を一枚巻いた上から触っているような
知覚麻痺と言うか知覚鈍麻が続いております。
これに効く足ツボはありますでしょうか?
2016-09-29 : ルーキー URL : edit



とってもまっすぐなコメントを書いて下さいました。

「それから時間がかかりましたが・・・」

「医師や病院のせいではなく、
 根本には自分の今までの生活や
 考え方の歪みが原因なのですが。」



周りを責めて良心の痛痒を感じない人もいます。

ですがルーキーさんは、ご自身の生活や考え方に歪みがあると

こんなに悩む心を持っておられます。

悩んでカラダの具合を悪くするほど

責任感が強いともいえるのではないでしょうか。

今のルーキーさんは、少なくとも十分に

ご自身を俯瞰(ふかん)で見ることが

できておられるような気がします。

自己責任

私が残忍にもよろこばしく思った

ルーキーさんの好転反応の出現

どうぞ期待してください(笑&笑)



「今の症状の一つとして、左脚のすねの内側、
 膝下から内くるぶしぐらいまでが、
 触ると布を一枚巻いた上から触っているような
 知覚麻痺と言うか知覚鈍麻が続いております。
 これに効く足ツボはありますでしょうか? 」




これについてのS先生からのアドバイスをお伝えします。


以前お伝えしたケミカル・アンバランス

神経的な問題を引き起こした結果、

こうした麻痺・鈍麻が出ているだけなのです。

これを解決するツボの存在はないそうですが、

別の方法で改善可能だとのことです。



やり方は簡単です。

かなり熱めのお湯に浸したタオルを絞り、

知覚麻痺・知覚鈍麻の辺りに当てて

よく温めてあげてください。

更に手でも良くマッサージもしてあげてください。

生姜の擦り下ろしと日本酒を合わせ

ガーゼなどの布に浸して湿布するのも効果的だそうです。

冷やすのではなく、温めます。

温めること&マッサージすること

この2つがポイントとなります。

やってみてくださいね。

湿布


2つ目のコメントに移ります。



こんにちは。お世話になっております。
私も以前、矢作先生の本を二冊読んだことがあります。
とても興味深く、私には面白い内容でした。
これは偶然なのですが、ある気功師の方の所に
何度か外気功を受けに行った時のことですが、
そこに矢作先生の本が置いてあり、
聞いたところ矢作先生も
何度か外気功を受けに来ていたとのことでした。
残念ながら矢作先生は幽体離脱までは体験できなかったけどね
と気功の先生はおっしゃってました。
私も体験していませんが。
2016-09-30 : ルーキー URL : edit

「意識の物質化〜アトピー性皮膚炎からの解放」に頂いたコメントです。)


矢作直樹さんの本2冊を読まれ、

ルーキーさんは

「とても興味深く、私には面白い内容でした。 」

と感じられたのですね。



外気功の気功師さんはたくさんおられるのに

矢作直樹さんが外気功を受けられた

同じ気功師さんの施術を

ルーキーさんは受けに行かれたのですね。



私は上記のブログでは矢作医師のことに触れ、

「ヒーラーとの出会い」では外気功を受けたときのことを綴り、

「初めての幽体離脱」で幽体離脱体験を書きました。


ルーキーさんは

「これは偶然なのですが・・・」

と書いておられますが、

私はこの世に偶然はないと思っています。

それほど長くないルーキーさんの上記コメントの中に

以前私が書いたテーマを3つ組み込めるほどに

似た種類の体験を共有しているということです。




独身時代の家族、結婚後の家族、

今日までに出会ったありとあらゆる存在・・・

それらすべてとの出会い(ご縁)

単なる偶然のはずはないとしか思いようがありません。



きっとルーキーさんも

今後されるであろうさまざまな体験を

決して偶然とは思えない日々を

いつか迎えられるのではないでしょうか。

いえ、もう既にきっと、そのようなお気持ちに

少しづつなっておられるかもしれません。




健康でも気功でも幽体離脱でも・・・

どんな話題もウエルカムです。

私のブログは、もともとは

健康ブログとして初めたわけではありません。

目に見えない世界にこそ真実があると感じています。

しっかり大地に足を付け、

現実に真正面から向き合って生きて行ってこそ

目に言えない世界を

より正しく認識する能力が養われる・・・

そんな気がしてなりません。






最後に健康のことで一言・・・

についてです。


腹水が溜まる理由は以前にも書きましたが、

塩を多く取り過ぎると

カラダは塩分濃度を薄めようとするため、

それだけたくさんの水を体内に溜め込もうとします。



塩がほとんどカラダに入らない状態で

お湯(夏が終わりましたので

けっこう熱めのお湯が良いです)や水をたっぷり飲むと

体内から毒素がよく排出されるようです。

つまり、塩分をとっている限り

摂取された水分

毒素とともに体内に溜め込まれます。

どれだけたくさん白湯(さゆ)を摂るよう心掛けても

塩ゆえ、毒が身体から出て行ってくれないのです。


塩抜きの食事&白湯をしっかり補給すると

カラダが良くなるスピードも早まるでしょう。


寝る前3時間ぐらいは水分は摂らない方が

夜は熟睡できるそうです。
(夜中トイレに行きたくなる可能性が高まりますからね!)

朝から日中の間に

こまめに水分補給してください。



今週末ルーキーさんが

お身体を十分に休めることができますように・・・。


お湯

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
いつもアドバイスありがとうございます。


好転反応と思われる症状はいろいろと変わります。
日内変動もあります。
昨日は頭痛がやわらぎ、比較的楽な日でした。
今日は朝から、頭痛、めまいふらつき、下痢、倦怠感脱力感(特に左半身がきついです)、吐き気があります。
この数日で体重も減ってしまいました。
以前に症状が出てから10kg近く減ってしまい、3kgぐらい戻ってきたところだったのですが、また減ってしまいました。
他にも以前出た症状がいろいろと出たり消えたりしています。
不安感焦燥感、目の焦点が合いづらい、急に言葉が出づらくなる、手足の痺れ、筋肉痛、不眠など。好転反応への恐怖感と期待感とが入り混じりながら、一体いつまで続くのだろうと弱気になったり、必ず良くなると強気になったりを心の中で繰り返しています。

これも必然と思い頑張るしかないのですが。
泣き言ばかりで申し訳ございません。